FC2ブログ

ねこじゃらし

 


猫じゃらしに 思いでひとつ



 
下の娘が 幼稚園の年少さんだったころ
幼稚園の帰りに 必ず この猫じゃらしを手に 帰って来てました
 
「ママ~ はい」と私に 手渡す これが毎日の日課
毎日 毎日
持って帰った 猫じゃらしを 空き瓶に入れて 飾ってました?
家中 「猫じゃらし」
ちなみに アパートに住んでましたので 猫はおりませんでした
 
ある日 幼稚園の先生が「●●ちゃん どうしていつも 猫じゃらし お母さんに
持って帰るのですか?」と 不思議そうに尋ねました。
 
私にもわからん???
 
娘に聞きました
「なんで 猫じゃらし 毎日持って帰るの?」
 
「ママ 猫じゃらしすきでしょ? 喜ぶんでしょ?」
 
「?????」
「!!」 あれか!!
 
そう言えば・・・・・ 公園で遊んでる時に 猫じゃらしの話をした 思い出した
「ママが 小さい頃 猫を飼っていて この猫じゃらしで よく猫と遊んだ
猫は 猫じゃらしが 大好きで とっても喜んで 毎日 遊んでたよ。。。と」
 
この話だ!!
娘の中で この話から 猫が消えたんだ
私が好きで 喜んで毎日遊んでた事になったのか。。。。これだ これだ
 
私は 娘に 話の訂正をすることは しませんでした。
私が 喜ぶと思って 毎日 毎日 小さな手に猫じゃらしを
握りしめて帰ってくる 娘が可愛かった^^
 
おかげで 幼稚園を卒園するまで この日課は続き
猫じゃらしの季節には 家中猫じゃし(笑)
 
小学校に 入っても しばらく 続きました
 
もう すっかり 大人になってしまった娘に この話をすると
本人 覚えていない
「もって 帰ってたような 気はする」。。。。。。 そうかい そうかい
 
 
スポンサーサイト



     
profile
あの頃の気持ちを忘れずに
暖かで優しい糸を創ります



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
お問い合わせはこちらです

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
links
The new comment
archives
RSS link
QR cord
QR